2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

恐怖が復活した日

いつものようにお気に入りの高台にジャンプした珠緒

しかし、そこには既に先客が居た。それも苦手な彼女が・・








『うわっ!びっくりした』









『ふん!なにビビってんのさ』               『どうしてアイツが居るんだよ』









『聞きたい?・・こっちに来たら教えてやるよ』







避妊が終わってからレディに変身したはずだったちょび子

久しぶりの訪問で、あれは勘違いだった事が判明した








『知りたいんだろ?こっちにおいでったら!』









『骨折してもいいから飛び降りよう』







鋼鉄の女に戻ったちょび子の目ぢからと迫力はレベルアップ

猫パンチで怪我をする前に、とっとと逃げるが勝ちだよ








『クッソー!あんなヤツ怖くなんかないのに』








『メデューサ復活か?!』







悔しさを爪とぎにぶつけて暫しバーリバリしていた珠緒

怖くないと強がり言っても背中の立ち毛は正直だね
スポンサーサイト

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

お山の大将

久しぶりの訪問で気が立っているちょび子に

ご機嫌取りの「きびなご」を1匹あげてみた








『めっちゃガチガチやん。これで地面に字が書けるでぇ』









『あんた、枯れ枝のような「きびなご」食ってんだ』









『ウッセー!黙って食えよ!オレの「きびなご」』







貴重な1匹を差し出したのに贅沢は許しません

硬くてもお腹に入れば一緒なんだから、さ、お食べ








『そう言えば華子を見ないけど何処に隠れた?』









『出て来い!は・な・こ~!』







避妊前は目が合っただけで後ずさりした華子だけど

あれ以来、ちょび子なんてちーっとも怖くないらしい








『うっさいわね~ちょび子!何吠えてんの?』









『ちょい昼寝するから黙らせといてね』







高台で独り吠え続けるお山の大将ちょび子

お探しの天敵なら真下で寝てるけど

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

心残り

暇さえあればベランダでハエちゃん探しをしている華子

今日は久しぶりに小さなハエちゃんに出会えたようです








『発見!』









『狙いを定めて・・』









『キャッチ!』









『えっ!ミスった?』











いつもは瞬時に終わるのに何度もチャレンジしていたのでベランダに見に行きました
どうやらハエちゃんがドアと網戸の隙間にいたので捕まえる事ができなかったようです

ジーッと目で追いながら残念そうに見上げていましたが、そのうち諦めて部屋の中へ
今日のハエちゃんはラッキーでした。私もティッシュ処理を免れて助かりました

| 猫の日常 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

猫の白目は危機を救う?

にゃにゃタワーの屋上争奪戦は暴力の影がチラホラする

特に男同士の珠緒と七緒の場合がそれ








『Zzzz・・Zzzz・・』              『あっ、七緒に先を越されたか』







こんな時、珠緒がガンを飛ばして脅すので

ビビリの七緒は抵抗できずに毎回涙をのむ








『どかないと奥歯ガタガタ言わせるぞ』           『いやん、それは痛すぎるぅ』







しかし最近珠緒は大人的交渉術を身につけたらしい

腰を下ろして優しい口調で語りかけてみる








『な、なんだよー』            『ねぇ、君、僕と交代してくれないかい?』







紳士モドキでお願いしても聞き入れてもらえない場合

珠緒の化けの皮が一気に剥げ落ちる








『噛みつくのはやめてよね』       『俺を怒らせたらどうなるか分かってるよな』







あとは相手が悲鳴を上げる迄、ひたすらガン見する

今回は新技「ウルトラガン見」で迫ってみた。鳴くか?








『あのぉ~黒目がないけど・・』                   『エッ?』







ガン見に力が入りすぎて黒目が行方不明になっている

頭を振れば黒目は戻るのか?珠緒のドジ歴がまた一つ増えた

| 猫の日常 | comments:30 | trackbacks(-) | TOP↑

メタボ猫の日向ぼっこ

冬場に突然顔を出すお日様は貴重

ん~と体を伸ばして太陽の恩恵を浴びる















朝の光は眩しいから体だけ

冷えた背中に暖かさが優しく浸み込んで来る








『ん~背中の次はお腹だな』









『ヒャッホー!気持ちいい~』







ここは脂肪が溶けるまで時間かけてね

溶けた脂肪は料理に使うからさ








『んな事出来るワケないだろ』







日影で一休みしたら本格的な日向ぼっこ

全身に受けて今日のエネルギーにする








『シャキーン』








『アヘアヘアヘ~』







母なる太陽の子供達は冷えた体を温めてくれる

そして心までも温めてくれる

| 猫の日常 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

猫の母性

猫の寝相は季節によって違うけど

よくよく見たら性格の一片が顔をのぞかせる








( 1日1器物損壊ノルマ達成!やったぁ~・・の充実寝 )









( ちょっと頑張り過ぎちゃったよ。フゥ~・・のお疲れ寝 )








幼い寝顔のくぅだけど起きてる時は怖い者なしのチャレンジャー

ポツンと独り寝していると華子が横にやって来て毛繕いを始める








『今度は何を壊したの?ダメじゃないの・・』









『末っ子って叱られないから得よねぇ・』







いや、末っ子は華子のほうですから~

んでもって、私の代わりに一発ガツンとやっていいから








『やだ。守ってあげたくなっちゃう』







女の子の毛繕いは見てると優しくて丁寧にしている

きっと記憶には無い母猫に段々近づいてるんだと思う

| 猫の日常 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

エコバックと直線走り

袋があれば入って遊びたくなるのは猫の本能

しかし袋によっては入って後悔する時もある















色付きのエコバックは外が見えないので

潜ったら聴覚と勘を頼りに移動する








               『お前何してんの?』                 『うわっ!ビックリした!』







チョンと触ったら突進したくなるのも本能

突然動いて相手が飛び上がる音を楽しむ








『今度はそっちだね?』







2度目のチョンは横からなのに

目測を誤るとぶつかるまで止まれない








『方向転換して・・』          『ダ・ダ・ダ・ダ・ダー』









『今、ドン!っていったか?』







猫は袋に入って遊ぶのが好きだけど

色付きの袋に潜るのは痛い目に遭うのでご用心

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

学習の効果

リビングのドアまで遠征し袋を放置して逃げたので

物欲しそうに見てた、もう1匹の猫にあげてみた








『やっとオレの物になった』









『お前も遊びたいのか?』         『珠緒先輩、くぅちゃんに気をつけてね』







潜るわけでもなく上に乗っていれば満足な珠緒

しかし喜びもつかの間、血走った目のくぅが奪回に戻って来た








『そうだよ・・潜らなきゃいいんだ』







痛い目に遭ったので他の遊び方を模索してみる

くぅにも猫並みの学習能力はあったんだね















袋のヒモを見つけ噛んで引っ張って・・

そして・・








         『絡んじゃった・・』                   『コイツは学習しないんだよ』







学んだ事は3分経ったらご破算に

そろそろ妹に返そうか・・穴のプレゼント付きだけど

| 猫の日常 | comments:24 | trackbacks(-) | TOP↑

仲良し寝仔

意地悪されても驚かされても時間が経てば忘れる猫

いつの間にか仲良し寝仔になっていく















暴れん坊くぅに時々手こずる華子だけど

眠くなったら仲良しこよしで同じ夢を見る















打って変わってこちらは天敵、七緒と珠緒

この2匹には仲良し寝は永遠に無理だね?








『珠緒と仲良し寝?気持ち悪~』       『あいつ等くっ付き過ぎだろ』







屋上争奪戦では睨みあう2匹だけど

今日は七緒が眠くて半分譲ったのかな?















喧嘩をしても追いかけてもホントは仲がいい猫

いつの間にか仲良し寝仔になっている

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

猫が食べてはいけないもの 1

寒い時や人が集まる時は温まる鍋が簡単で重宝する

しかし準備をしてると必ずこの2匹が白菜を食べにやって来る








『お利口にして待ってるから・・』          『ボクにはその大きいの頂戴』







野菜だから食べてもいいかな?と思ったけど気になったので調べてみた

猫が食べてはいけない食品、注意が必要なものリスト








『クンクン・・これは新鮮で美味しそうだね』







1.ねぎ類全般・・溶血性貧血を起こす(加熱してもダメ)

2.チョコレート(カカオ)・・下痢、不整脈、呼吸困難

3.コーヒー、お茶(カフェイン)・・下痢、嘔吐、痙攣








『農薬と洗剤はキレイに落ちてるよね?』







4.生の魚介類・・B1欠乏症による歩行困難、皮膚病(鮑)

5.生の豚肉・・トキソプラズマに汚染されてる危険性あり

6・鶏の骨、魚の骨・・細いのどや消化器官に詰まりやすい








『パクパク・・・・・ムシャムシャ・・・・・ウエッ』







7.ぶどう(レーズン)・・下痢、嘔吐、腎不全を起こしやすい

8.生卵・・下痢、ビタミンバランスを崩しやすい(加熱が必要)

9.味付けの濃いもの、甘いもの、香辛料、アルコール、牛乳

10.ポインセチア、アロエ、アイリス、ゴムの木等の観葉植物







                                            『食べ続けてるけどいいの?』

『葉物だからいいんじゃない』







猫が食べてはいけない物リストには載ってなかった白菜

これって猫草の代わりに食べさせていいのか・・結論出ず









食品を加熱すれば安全なものもありますがリストの中に入れました

症状は猫の年齢や健康状態、食べた量によって異なるようです

| 猫の日常 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

猫が食べてはいけないもの 2

猫が白菜を食べていいか記載されてなかったけど

どうやら・・たぶん・・いいみたいですね








『くぅちゃんは知ってたの?』            『体が欲しがるものは大丈夫なんだよ』







しかし、青みの濃い野菜は控えたほうが良さそうです

葉物だけど、ほうれん草は猫には害になるようですね








『全部食べちゃうの?』                 『新しいの貰えばいいじゃん』







ほうれん草にはシュウ酸が多く含まれ尿結石になりやすく

シュウ酸カルシウム結石は手術で取り出すしかないのです








『くぅちゃんったら、手で押さえて独り占めする気?』







お散歩する猫は有毒な植物や条虫のいる蛙、トカゲを食べる可能性があります

帰ってきたら体調など観察したほうがよさそうです








『白菜いただきまーす』







猫が健康で長生きするよう食には気をつけましょう

猫は飼い主が頼りです

| 猫の日常 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

命の重さ

猫は言葉を話さない代わりに目と体で意思を伝える

人間と同じように喜怒哀楽もあれば痛みも感じる

そして人間より辛抱強く母性愛も強い






猫は本来友好的で警戒心がないけれど

一度でも人間から怖い目に合うと心を閉じてしまう






昨日痛々しい仔猫の写真を目にした

見えないその仔の目が恐怖を訴えてるのを感じた

これは人間が冒した罪の一つ。心が痛かった






人間は沢山の動物の命を食べ、自らの命を繋いでいる

人間は沢山の動物を見て、癒され穏やかな気持ちになる






でも、時々人間は忘れてしまう・・

人間と動物と命の重さは同じという事を・・







| その他 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

猫の結膜炎は突然に

月一の口内炎注射に出かける準備をしていたら

急遽、予期せぬ1匹も同行することになった








『うわっ!ど、どうしたの?』







動物病院に行くのに出したキャリー

毎度のように行く必要のない猫が入って邪魔をする








『お前、痛くて泣いてるのか?』







相手が天敵という事を忘れ心配顔で暫し見つめる

ぴゃーは体がデカいけど心もデカくて優しい子








『お天道様が目に沁みるんだよっ!』







強気に出ても痛々しいのは一目瞭然

前日は普通だったのに1日で両目が結膜炎に








『毎日拭き掃除してんのか?あん!』







低い場所を歩く猫は目に埃やゴミが入りやすい

丈夫そうに見えても珠緒の目はデリケートなのね








『あたしが介抱してあげるから・・』







母性に目覚めた華子は、またまたお節介をやく

では、2個に増えた目薬でブルーな珠緒をよろしくね

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

代役猫はお断り

珠緒に目薬を点すのは2人掛かりで悪戦苦闘。時には流血

日中は私1人なので珠緒は余裕。だから?ちっとも治らない















ソファーの陽だまりで違和感ある2匹がお昼寝中

いつもなら華子の横は疑似親子の珠緒なのにね








           『ファ~よく寝たわぁ~』               『ま、まずっ・・』








           『ん?首が重いわ』               『ど、どうしよう・・』








     『この白い手は誰?』                    『お、お母さんよ~』







その小芝居は「狼と7匹の子ヤギ」?








『何すんのよー』








『何で怒るのか意味分からんし』







隣で添い寝しただけで華子に嫌われたぴゃー

すり抜けられて浮いたままの腕がカッコ悪








『結膜炎の珠ちゃんは何処なの?』







看護猫は辺りを見回し爆睡中の珠緒を発見

床の埃を取っても目薬しても、これではねぇ・・







| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

メタボ猫のボヤキ

昨日はどんよりした曇り空で久しぶりに寒い一日だった

空を見上げると今にも白い天使たちが舞い降りてきそう








『今日は冷えると思わない?』   『そ・だ・な』







コタツもホカペもないのでリビングの暖房をスイッチON

ソファーの上は温風が直なので、その内、体もほぐれて・・









くぅが華子の顔に食い付き・・









顔をこねくり回し・・









突き飛ばして乱闘開始








『こいつら暴れるなら他に行けばいいのに』







デッカイ心のぴゃーがボヤクなんて珍しい

そこは暖房直の特別席。大人しく猫団子してなさい








『遅れて来るからじゃん』    『そうよ。早い者勝ちよね』







ぴゃーは三歩下がって付いて来る奥ゆかしいタイプ

でも、たまには主張してもいいのよ。言ってごらん・・








                                                   『俺も仲間に入れて』

| 猫の日常 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

困惑メタボ猫

定員オーバーのソファーに座り損ねたぴゃーだけど

みんなが寝入った頃に、こっそりこそこそ潜り込む








『狭いけどここしか空いてない』







そこなら文句は言われない・・いや、くぅが怒るよ

天敵珠緒も後ろでガン見してるしヤバくない?








『もうちょい、こっちに来いよ』            『やだね。絶対倒れるもんか』







しかし、その態勢には無理がある







『潰されちゃって可哀想に』

『お詫びに顔舐めレロレロリーン』  『あたしも踏まれてるけど結構だから』







ぴゃーがゴロンと寝転べないのにはワケがある

それは珠緒がピンポンダッシュの機会を狙ってるから








                         『もぉ~足がジンジンするから退いて~』









『俺って、そんなに重い?』              『うん。衝撃的』







足を骨折する前に、にゃにゃタワーに移動したくぅ

部屋全体が暖まったから、そこで独りでも寒くないね








『これでゆっくり眠れるよ』







最近あちこちで見かける顔隠し寝は冬限定?

呼吸は出来てるだろうけど結膜炎には気をつけてね

| 猫の日常 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

引き継ぐ猫の変なクセ

寒空が続く12月に突然青空のサプライズ

こんな日は何を置いてもブラシでベランダ洗い








『掃除は久しぶりじゃないか?』         『あっ!華ちゃんに見られてる』








『自分達だけ袋に入ってずるいわ』







ホースを取り出した後のビニール袋は人気者

空箱と同じように入ってるだけで満足らしい








             『カプッ!』       『へっ?今噛んだ?』








          『ベロリ~ン!』        『これは錯覚だな。オレ結膜炎だし・・』







レディに袋を譲る事を知らない悪悪師匠と弟子

どっちか華子と代わってあげたらどう?








『おい!今の見たか?ビニール舐めてたよな?』








『くぅちゃん交代してくれる?』                      『うん、いいよ』







いつもなら仲良しハチワレ同士でじゃれるのに

今日は珠緒よりビニールが気になる華子








『ヒッ!こいつホントに華子か?』                       『ペロリンチョ』








『おい華子!正気か?』           『はっ!あたし何してた?』







最近ぴゃーの傍に居る事が多い華子

きっと、ビニール舐めの「ぴゃー菌」に感染したね

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

寒い日の猫団子

昨日は初雪で寒さが厳しかった福岡地方

私は猫達と爆睡してたので昼まで気づかず








『トイレに行くのも寒くてイヤんなっちゃう』







いつまでも布団の中に居ては用事が終わらないから

そろそろ出ようか、みんな。リビングに暖房入れるから








『あぁ~鼻が冷たいわ』








『寒いな、おい』  『まだ温風が来ないね』         『くっ付いてんだから暖かいだろ』







いつものように華子の隣に珠緒。微妙に距離を置いてぴゃー

そして部屋が暖まってきたらアチコチから他の猫も集まってくる















珠緒と華子の間に2匹が入り込んだので

ぴゃーは少しだけ気楽。少しだけ手を伸ばせる















天敵が両端に分かれたこの寝方はベストな猫団子

しかし前回潰されそうになったくぅは独り寝で暖をとる















冷蔵庫の上は暖かく、かつ安全なんだそうです

| 猫の日常 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

暴れん坊猫の対処法

完全室内飼いでオモチャは無し。飼い主は構ってあげられない

となると・・猫は猫と遊ぶしかない?








『いっつもオレにちょっかい出すんだよ、あいつ』







何でも破壊する暴れん坊くぅは毎日遊び相手を物色する

そんなくぅを適当にあしらえるのは賢い珠緒だけ








『スキ有り!』







相手が結膜炎だろうが爪とぎ中だろうがお構いなし

シッポをブンブン振ったら戦闘開始








『後ろから狙うとは卑怯だぞ』    『先輩の教え通りじゃん』







悪の教育係珠緒の直伝「攻撃は隙を狙って後ろから」を遂行するくぅ

いつもなら目ヂカラで圧勝する珠緒だけど・・やめとけ・・結膜炎だし








『蹴り蹴り蹴りー!』  『噛み噛み噛みー!』







顔面噛み噛みのくぅの勝ち。と、いう事にする珠緒の勝ち

ひと暴れしたら何事もなかったように時間がさかのぼり・・








          『今年はサンタが来ないらしいぞ』     『どこも景気悪いっすからねぇ~』







猫は逃げて行く猫を追いかけたがる習性がある

逃げずに1ラウンド相手をすれば見る目が違ってくると思うよ、七緒








『なんで僕にふるんだよ』







くぅと目が合っただけで逃げて行くビビリな七緒

真の男になる為に、流血覚悟で後ろから勝負してみる?

| 猫の日常 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

男猫はマタタビがお好き?

爪とぎにオマケで付いているマタタビの粉

沢山溜まった時に猫達に大盤振る舞いする








『あいつ、体から近寄るなオーラが出てる』







マタタビを差し出しても反応は様々で興味著しいのは男猫

その中でも一番に飛んで来るのは悪の教育係の珠緒








                    『全部喰ったから頭ん中で鐘がグァングァン鳴ってるぜ』







マタタビはストレス解消にもなると言われてるけど

猫の性格によっては凶暴化するので監視は欠かせない








          『まだかな?』 『あん?』                 『あっ!』 『何だってぇ~?』








                    『・・ったく、ビビリのくせして・・』







媚薬のマタタビを舐めると猫相と猫格が変わるくぅ

こりゃ~食べ終わるまで近づかない方が賢明だね








『やっと順番が来たよー』







ビニールと科学物質以外は興味のないぴゃーは大トリ

少なくなったマタタビを眺めて、ふと考えた








『変顔になるほど旨いのか?』







私は味見出来ないから教えてくれる?

顔を見て判断するからさ








『ホニャニャオニャー』







その変顔・・さて、どっちでしょうね・・?

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

天敵猫との悪夢の5秒間

夜はベッドの足元に置いてるにゃにゃタワーで寝る猫達

いつもより早く起きた朝、照明を点け・・飼い主は見た







『何してんだ!お前』







タワーの最上階は七緒のお気に入りの場所

結膜炎が治った珠緒が目ヂカラ攻撃かと思ったら








それは、こっちの台詞』







どうやら添い寝の相手が誰か分からず朝迄一緒だった2匹

同じ座布団で寝てるのは今まで見た事がないのでビックリ








『ニ、ニ、ニャ・・・・・』           『鳴け!コンニャロメ』







2匹で睨み合いの喧嘩は先に鳴いた方が負けだけど

今回は珠緒が速攻ビンタを浴びせて飛び降りた








『これは夢か?』








『現実なんだよっ!』







そう、今迄は有り得なかった最強天敵同士の珍しい現実

そして第2の天敵が忍び寄って珠緒の腰を枕に寝てるのも現実















起きるな珠緒。Wショックはキツイから・・

| 猫の日常 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

浴室の魅力

ドアノブ、引き戸、簡単に開けられるので各部屋の前には物を置く

それは掃除機だったり椅子だったり重ければ何でもいい








『寛いでんだから邪魔すんなよな』







しかし障害物のない洗面所のドアを開け浴室のドアを開ける

珠緒は1日1度ココで休むのが日課になっているらしい








『オットットー・・』







水を張ってたら落ちてるに違いないくぅは慌てん坊

悪の教育係に習って開けられるようになったのか?








                                   『ボクは開いてたから入っただけだよ』







水場が苦手なはずなのに毎日開いているドア

遊ぶ場所もないし何の魅力もないと思うけど?








『あれじゃない?』








『ピチャピチャピチャ・・』







水道水の直飲みが好きな珠緒は水グルメだと思ってた

洗面器の水が飲めるなら容器に溜めた水を飲んでくれ~

| 猫の日常 | comments:21 | trackbacks(-) | TOP↑

サンタは寝て待て

明日はホワイトクリスマスにはなりそうもない福岡地方

いつものように時間は流れ何事もなく一日が終わるんだろうな








『勝手に終わるなよ。プレゼントは?』







は?何をおっしゃるメタボさん

大恐慌のご時世だから、そんな催し物はありません








『俺はアメリカ産水牛の骨ねっ』







そもそもサンタは良い子にだけプレゼントをくれる

お利口に寝てる子の枕元に運んで来るって知ってる?








『ねぇ、良い子になってるみたい』







去年はサンタさんと小芝居したクリスマス

結局猫達には不評だったので今年は何も買ってない















食べ物は週末に買ってるので物珍しくもないし

第一、今からじゃご希望の物は間に合わないよ








『Zzzz・・ブヒブヒ・・』







クッションで顔を潰して寝入る肉まん、いや、ぴゃー

仕方ないから寝てる間に作るとするか・・例の物でも

| 猫の日常 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

お久なサンタとコラボ缶

プレゼントの代わりに思いついた「ねこ缶」の模様替え

これなら材料は家にあるから費用は掛からず簡単!簡単!








『えっ!剥がしちゃうの?』







うん。それも貼り替えるから出てね








『一応クリスマスカラーなんだな』







しかし邪魔をするくぅに見つかり中断








『ボクが手伝おうか?』







夕方に張替えは終わり、後はあの方を出すのみ

1年ぶりにクローゼットの奥から出してみた








『あのオッサン、見たことがあるわ』








『懲りずにまたやって来たのか』







1年に1度、それも数分しか出してもらえない2人

猫達が寝てる朝に記念写真をパチリ















さてと、獲物にされる前にサンタを片付けるとするか・・

| 猫の日常 | comments:26 | trackbacks(-) | TOP↑

ガチャピン風ねこ缶の活用法

ねこ缶をクリスマスver.にしたのはいいけど誰も入らない

どうやら寒い時は暖房直のソファーで猫団子がいいらしい








    『コイツ葉っぱ齧ってるでぇ』     『悪そな顔してんなぁ~』







このまま床に置きっぱなしは忍びない「ねこ缶」

そんな時これはありかも・・と、ひらめいた








『どうしてココに猫草があるのかしら?』







年末になると冷蔵庫に入らない野菜が増える

保管しておくにはサイズも色もいい感じ?








    『お前カッコ悪~』       『こんなんアリか?』        『華子、早く交代して』







しかし白菜探知猫が居るのでこのアイデアは廃案に

そのうちに何か他の活用法を考えるとするか・・








『これってクリスマス限定じゃなかった?』







そうだ、この「ねこ缶」はクリスマスカラーだった

でも、この盛り上がってる二人には暫くは内緒だな








『お前はモテモテでいいなぁ』     『あんたが派手過ぎるんやろ』

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

年の瀬の猫たち

クリスマスも終わり大晦日迄あと5日

そろそろ大掃除や新年の準備を本格的に始めないとね















食べて、遊んで、寝るのが仕事の猫達は今日もマイペース

周りが慌ただしくても我関せずで陽だまりで暖を取る















眠くなったら男同士でも天敵同士でもお構いなし

いつもこんなに静かだったらいいんだけどね








『うるさくて目が覚めちゃったよ』







そうそう、買い物に行く時は忘れないようにメモ書きをっと

水垢取りのクエン酸と、酸素系漂白剤と、あ!猫シャンプー








    『猫シャンプーがどうしたの?』       『嘘だろ~!俺達洗われるのか?』







暖かい日を見つけて猫シャンプーをしよう・・8+5で13匹

そして一日中風呂場に閉じこもり、私は「なまはげ」に変身する

| 猫の日常 | comments:52 | trackbacks(-) | TOP↑

ぷっくら白猫

ガーーガーーーと掃除機をかけてる中、

ピンポーン♪ と、田舎から段ボールいっぱいの餅が届いた




091228_1.jpg
『ぷっくらして旨そうだな』



早速この餅、年末用として食べるとするか・・

と思ってふと見上げたら



091228_2.jpg
『ゴリゴリっとな♪』 


ここにも、うまそうな餅がいた( ̄ω ̄)










管理人はな家事奮闘中のため、

ぽぴーのが番外編をお届けしました(〃∇〃)

| 猫とぽぴーの | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。