2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

高齢猫と口内炎とロイヤルカナン

我が家には15歳の姉妹猫みーぁとキキが居る

最近みーぁが食欲がないので病院に行く事にした








( 口からヨダレが多くなり口の周りが黒ずんでいる )







前歯がないので歯茎に負担をかけないように缶詰をあげてるけど

奥歯で頑張ってカリカリを食べ缶詰は残す事が多くなった








( 慢性口内炎の為、月1で消炎剤(ステロイド)を注射をする )







帰りに病院で高齢用ロイヤルカナンの試供品を頂いた

苦手なサイエンスダイエットに似てるけど食べてくれるかな?








『コレ、うまうまだよ』                     『それは、くぅのじゃないのにね』







袋を開けた途端、何でも食べるバキューム猫くぅが食いついた

それからは匂いを嗅ぎつけて順番待ちが出来る








( くぅの後に、七緒、華子、興味津々のぴゃーと続く )







さすがに善と悪の二大教育係は慌てない

みんなが食べ終わるまで待機している









『これは初めて食う味だな』             『わたしのが無くなりそう・・』







我が家は老若男女、0歳から11歳用をバイキング方式で食べる

頂いた高齢用ロイヤルカナンはみんなの胃の中へと消えていった








『ごちそうさまでした~』







週末は車で恒例のまとめ買い。今回はポイント10倍でウハウハ気分

猫のカリカリ6000円。旦那のツマミは120円・・(何てリーズナブル!)
スポンサーサイト

| 猫の日常 | comments:21 | trackbacks(-) | TOP↑

男猫の奇妙な関係

外の世界の男猫は縄張り争いと恋の季節には気が荒くなる

家の男猫だって理解不能なサスペンス劇場になる時がある








『久々の登場で緊張するわ』         『今日は風が冷たいな』







メタボなぴゃーは巨体に物を言わせ風を切って歩く1番の強者

しかし体の不自由なキキや女性陣には優しいジェントルマン








『僕、ガン見されてる?』                 『ジーッ』            『ジーッ』







ガン見の圧力で右に5度傾きながら歩く七緒はビクビクマン

情けない表情を見せたら負け。ここはモデルウォークで堂々とね








『僕の背中に悪のビシバシ光線が刺さってない?』







すれ違う度に七緒からガン飛ばしされるくぅに珠緒は裏勝利の法則を説いた

=逃げるが勝ち、背後から襲うが勝ち=と















くぅの見つめる顔が睨みつける顔に変化して行く

この時珠緒はノータッチ。これは君子危うきに近寄らずの法則








『僕は何もしてないニャロウ~』







相手が鳴くまで目を反らさない。これは喧嘩の王道

耳が外を向きヒゲは菊の花、シッポをブンブンさせたら準備OK








『3・・2・・1・・』







はーい、はいはい。やめやめ~これにて終了~

七緒は前を歩いただけでカモにされた。それは、こういう性格だから?








( こっそり )







男猫の中で立場が弱い七緒

アチコチに簡易トイレを造るのは、このストレスのせい?

| 猫の日常 | comments:23 | trackbacks(-) | TOP↑

猫のノビ~

猫が両手を伸ばしてノビ~をしてる姿は、とても気持ち良さそう

運動不足の私はつい真似をしてしまう。ノビ~















毎日私と一緒に寝る華子。布団をめくったらこんな姿で寝ていた

両足が縮んでるのは寒いから?えっ?私が壁に追いやった?















起きたらベランダでノビ~のストレッチ。両手の後は両足

全身の柔軟体操が終わったら運動会が待っている














雨上がりの小さな陽射しは貴重。白いお腹から光を吸収する

そして、オッピロゲーをしながらノビ~の準備に取り掛かるのね?








『静かにしてくれる?!』







いつも何気に見ている猫のノビ~。気持ち良さそうで真似したくなる

でも途中で邪魔をしたら睨まれるので声は出さずにジェスチャーで

| 猫の日常 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

猫に遊びを催促される

買い物で箱が手に入ると捨てずに猫用にベランダに出しておく

しかし利用価値のない箱はゴミの日に処分の運命を辿る








『あっ!くぅちゃんがコッチを見てるわ』







華子の横に縦長の細い箱がある。これは使い道がないので処分の対象

遠くから、この穴を目がけて突っ込もうと考えてる猫1匹。華子・・逃げろ~








( どどどどどーーーーー)







くぅのお腹の厚みを見れば入れないのは一目瞭然

それが分からず猪突猛進で飛び込むところがくぅらしい








『ねぇ、遊んで』







今から夕飯の準備で忙しい・・








『写真撮ってるじゃないか』







見つめられると心が動いてしまう飼い主は弱い立場

少しだけ・・と、箱の反対側から指を動かして相手をしてしまう








( おおっ・・ )                          ( ジーーーッ )







動く指先を見つめる細い瞳が段々丸くなる

同じ狙い方でもくぅには迫力がある。私に恨みでもある?








( 目が丸くなり、お尻をフリフリしたらスイッチオン )







私の前までダッシュしたら急ブレーキを掛ける。数回繰り返したら満足

夕食前の猫とのひと時は終了~。さぁ、みんなもご飯を食べる時間だよん

| 猫の日常 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

猫に1番人気のおやつ 

毎日食べるカリカリは6種類のバイキング。缶詰は日替わりで1種類

その他に猫達にはオヤツを買う。そして最近のブームはコレ








( 猫ちゃんのかつお削り、きびなご、まぐろかまスライス )







これで約2週間分。朝と夕方に「おやつ担当大臣」があげている

手が掛かるオヤツは、「きびなご」 一つ一つ魚の頭を取るから








『いつまで待たせる気だ?あん?』







珠緒は、きびなご命。いつも貰ってる「きびなご担当大臣」が居ないと

待ってられないとばかりに自分でフタを開け吐くまで食べようとする








『うまうま、うめうめ、こりゃーたまらん』







以前はくぅと競って食べてたけど、くぅは最近「まぐろスライス」に浮気気味

焦って食べ急ぎをしなくていいので 珠緒は一安心








『ちゃい先輩はズルイわ』







「きびなご」より「まぐろスライス」よりも好きなもの。それは「かつお削り」

一足先にちゃいが食べてるので納得いかない華子。すぐにあげるから








               『もんぐ、もぐもぐ・・』          『あたしも、い~っぱい食べたい・・』







ではでは、みなさん集まって~

好きなものを食べていいからねぇ~







「まぐろスライス」食べたいのは誰?











「きびなご」食べたいのは誰?











「かつお削り」食べたいのは誰?










昔から言う、猫にかつおぶし・・恐るべし!

食べ物に偏食のないメタボを目指すくぅ・・恐るべし!

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

メタボ猫とメタボ候補生

ホットカーペットもコタツもない我が家の秋は自然暖房

ベランダの窓を閉めれば窓越しのお日様だけでも十分温まる















1年中食欲の秋のぴゃーは背筋を伸ばして爆睡街道まっしぐら

仰向けオッピロゲー寝の時は両手を曲げてキョンシーに変身する








『んんっ・・地震か?』







最近体重増加でメタボ候補生のくぅも日向ぼっこの仲間入り

その顔は何処かで破壊工作をしてきたな。後でチェックしなければ








『んなワケないか・・寝よっ!』







この「メタボーズ」は牛並みの胃を持っている。もしかして反芻してる?

どうせ太るならメタボの頂点を目指して、まぁ~頑張りたまえ








『そうそう!俺上手くなっただろ?』







さっき迄ねこ缶に埋まって寝ていたぴゃー

筋肉質なメタボだけど柔軟性と順応性には優れているみたい















この丸餅のような寝相をみると正月は近いなぁと感じる

砂糖醤油か、海苔巻きか、それとも黄な粉餅にして食べようか・・

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

モンプチ新メニューと猫の反応

いつも食べてるモンプチのHPを見ていたら「新製品お試しサンプル」の文字

登録メンバーなら全員プレゼントの太っ腹!これは応募しないでどうする私!








( 秋の新製品、アンサンブル缶3種とアンサンブルドライ3種 )







応募した事を忘れた頃に届き、そして届いた事をすっかり忘れていた

ウチは多頭飼いだけど一度に開封するのは勿体無い。で、今回はコレ








『わたしから頂いてみるわね』             『ちゃい先輩、ねぇ美味しい?どう?どう?』







「ツナのほうれん草添えクリーミーソース」

当時商品名を見て「えっ?」「はぁ?」「うっそー」と驚いた








( たっぷりのツナに刻んだほうれん草、とろりとした仕上がり )







猫達はというと、まずは水分だけを舐め残りを食べる感じ?

少しずつ口にしたら満足なのか次の猫へとバトンタッチ








『ん~?不思議な味だ』











『ボクは食えたら何でもいいさ』







遅れてやって来たくぅは半ばヤケ食い。もっと味わって食べたまえ

そして、再び現れたちゃいは缶詰を見て恒例の行動を開始する








( キョロキョロ・・ホリホリ・・方向転換して、クンクン・・ホリホリ )







以前から缶詰の匂いを嗅いでは突然床をホリホリするちゃい

この行動の真意はわからない。未だに解明出来ない謎の一つ

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

猫とNEWモンプチの明暗

昨日の「ほうれん草添え」は5匹でどうにか食べ終えたけど

今日の2品は開封するのを躊躇うくらいの最強コンビ








( ツナのトマト添え彩りソース & ツナのライス添えリゾット風ソース )







見た目はリゾット風だけど酸味のあるトマトやご飯に不安が・・

やはり、どの猫も匂いを嗅いでスルー。では、代表としてくぅ、どうぞ~








『変わった味だね・・』







『ソースは舐めるけど具は食べないからね』







『どうしてみんな食べに来ないんだよ!』







「ツナのトマト添え彩りソース」 くぅにも食べてもらえず撃沈!

では、カリカリ部門アンサンブルドライはどうでしょう








( かつお節添えシーフード、チーズホエイ粒添えチキン、近海小魚添えシーフード )







これはバイキング形式にして食べてもらうのが一番

小魚やチーズをトッピングしてるから美味しいと思うけど








( ちゃいはチーズ、珠緒は小魚、華子はチーズの順番待ち )







猫って、こういう時賢いなぁ~って思う

トッピングのチーズ、小魚だけを選んで食べる















カリカリはモンプチを食べなれてるから難なく完食

缶詰は試食の時点で購入はないなぁーと思った








『新製品を出す前に、ボクが味見してあげるけど?』







我が家の猫の場合、カリカリはOK!缶詰はNO!

興味のある方は、ぜひ購入してお試しを・・

| 猫の日常 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

猫のロング座布団

買い物に行った時に猫のベッド代わりにロング座布団を買った

そのお値段は購買意欲を掻き立てる980円








            『おぉ!肉球が吸い込まれる』







表面が滑らかで弾力があるので気持ちいいらしい

乗った途端、無意識にフミフミをしだすぴゃー








『この色だと汚れが目立つな』







以前茶色を選んだとき「小」をされても気づかなかった

これなら黄色のシミも一目瞭然








『なぁ~るほど』







ロング座布団は私のベッドの下に置く予定

部屋の掃除をして戻ってきたら、ぴゃーは丸虫に















この日の福岡地方はポカポカ陽気

猫団子になるには早すぎる















物音がしたら寝返りして大福に

顔を覆って寝苦しくない?















ちゃんと鼻だけは出してました

ではでは、このまま部屋まで引きずって行くとするかな

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

猫と白菜

週末のまとめ買いは人間用と猫用でテーブルを埋めつくす

食料品を台所で整理してると猫たちが飛んでくる








『くぅちゃん、これは何?』         『ボクが毒見をしてみようか』







小鳥じゃないんだから白菜なんて食べるはずがない

だって、ウチの猫たちは人間食には興味ないから








『そうでもないよ・・』







食うな、食うな~








『あたしも連れ食いねっ!』







食料品の片付け順位・・1位、アイスと冷凍食品。2位、生もの

野菜と猫関係は後回しになるので今回は葉物が狙われた








『このシャキシャキビニールもいけるわよ』







そのビニール噛みはぴゃーの専売特許なのに・・

いつの間に習得したの?と言うか、やめなさい








『おぉ!買い物から帰って来てたんだ!』







やばいヤツがやって来たぞ!急いで片付けなきゃー!

と、思うより先に猫の行動の方が早かった








『華子の噛み方は修行が足りんな』







台所で野菜、テーブルでビニール袋、そして床では砂袋を狙われる

毎回買い物した後は時間と戦い、そして猫と戦う

| 猫の日常 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

ねこ缶ほろほろほろ~

リビングの掃除をする時は猫の休息セットはベランダへ

そろそろ中に入れようとしたら・・珠緒よ、君はリレーの選手か?








『あ!先輩、見えてきました』                『先頭に1分遅れてるぞ』







数日前から、ねこ缶の爪とぎの繋ぎ目が外れてたのは知っていた

接着をする前に破壊するとは我が家の猫は遊びを見つける天才だ








『花束とインタビューはまだか?』







この日は風が強かったので長い紙テープは自動で踊りだす

伸びきったテープを人力で元の丸い形に戻すのは無理かも








『極楽湯から紙テープが湧き出てる・・なんで?』







猫は爪を研ぐ時、奥から手前に、そして下から上に引き上げる

少しでも浮いてるのに気づいたら小まめに押し込むべきだった








『中にホコリが溜まってるよ』







爪を研いでも飛び散らない利点は裏返すとゴミが溜まりやすいという事

紙に寄生するダニもいるので、こちらも小まめな掃除が必須だな








『ウンチクはいいから、どうにかしろよ!』







片面使用で廃棄するなんて勿体無いけど寝心地も悪いよね

取り替えるけど接着強化をする間そこでシットでいて頂戴

| 猫の日常 | comments:21 | trackbacks(-) | TOP↑

遊びに集中できない猫

華子の特技の一つ、ハエ空中挟み捕り

この夏はアチコチで永眠したハエちゃんに遭遇した








『最近は全然ハエちゃんが遊びに来ないの』







それは気温が下がったから?トイレを増やしたから?

華子は寂しいだろうけど私はニンマリ








『そこに居るのはハエちゃんでしょ?』                  『ウ・カ・カ・カ・カモーン』







ハエ欠乏症の華子は小さなゴミをハエに重ねてみる

べランダには遊びに来たんじゃなかった?








『あぁ~ハエちゃんじゃなかった~』







風に乗って小さなゴミが飛んでいった

ハエちゃんだって生活があるんだから、いつも居ないよ








( ホウキとじゃれながら、目線はトイレ付近から外さない )







ホウキを噛みながらこちらをチラ見する華子

噛むか見るかどっちかにしないと怪我するよ








『あ~っ!』







振り向くと、ぶらり旅の風来坊1匹

華子の脳から捕獲指令が出る前に、逃げろハエちゃん

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

男猫の危険な空間

一つ屋根の下に住む男猫の関係は不思議の一言

ご飯を食べる時と寝る時だけは気持ちは同士








( のどかな昼下がり、食後に仮眠する七緒とくぅ )







暴れん坊のくぅは、ぴゃーの後ろ盾があるのでいつも強気

年上の珠緒や七緒にだって遠慮なく飛び掛る








『ねぇ・・』







珠緒は応戦して交わすけど、ビビリの七緒はいつも逃げ腰

目を合わせると狙われるからくぅを見てはダメよ七緒








『呼んだ~?』







あっちゃー!罠にかかったかー!

これだから成長しないのねー








『ど、どうしよう・・』                         『ボクとプロレスでもしない?』







七緒より若くて体格の良いくぅは手加減なし

今日は私が居るから助けてあげる・・「くぅ、やめなさい」








『怒られてんの~』                     『ボクはまだ何もしてないじゃん』







放っていたらオレンジ色の毛が空を舞うのは目に見えてる

七緒は鳴き癖があるから弱く見られるのね








『先輩、ガツンと言ってね』           『放尿七緒に甘過ぎじゃないか?』







七緒のストレスが溜まると簡易トイレの数が増える

仲裁は七緒の為と同時に私の為でもあるのよね

| 猫の日常 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

猫 IN ねこ缶★たまお缶

11月に突入したのにハロウィン缶は放置したまま

こりゃマズイということで、ねこ缶の衣替えをする事にした















材料を買いに行く暇もなかったのでクリスマスver.は先送り

フエルトの端切れで何を作ろうかと考えていたら















邪魔しに来ていた珠緒の顔を見てピンときた

猫 IN ねこ缶の「たまお缶」だったら手早く作れそう















小学生が作ったみたい・・と誰か言った?








『これ、俺か?』







サービスに私の好物の柿をトッピングしてみました

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

猫の洗顔と天気予報

外は冷たい風が吹いても家の中はほんわか暖かい

お腹にタップリ脂肪貯金してるぴゃーは独り寝を続行中















両手はお馴染みキョンシーポーズで前にならえ

熟睡してるようでも名前を呼ぶと返事をする・・「ぴゃー」








『呼んだかニャー?』







何度も繰り返しているうちに眠気が覚めたのか

洗顔で明日の天気を占い始める








( 唾液を付けての洗顔はキレイになるのか疑問 )







猫が顔を洗うと雨になるとよく聞くけど猫だって色々で

毎日洗うオシャレ猫も居れば滅多に洗わない不精猫も居る








『俺は清潔なちょいデブオヤジさ』







そういえば耳の後ろから顔全体を丁寧に洗ってた

これは雨の確率が高い洗い方じゃなかったかな








『天気予報見れば?ムニャムニャ・・』







雨が長くて洗濯物が溜まると翌日の天気が気になるけど

猫の洗顔予報よりテレビの天気予報のほうが正確だな

| 猫の日常 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

寄り添う2猫

最近の珠緒はブルーになる時がある

それも1日に2回








『華子が重い』      『どっこらしょ・・っと』







落ち込む原因は華子ではなく目薬を点される事

左目が結膜炎で黄色の目ヤニが出てるから








『華子に慰められてカッコ悪いな』      『痛いの痛いの飛んでいけ~』 







悪の伝道師の珠緒だけど目薬にはビビリまくり

大人二人がかりで厳戒態勢の中、実行される  








『おい!誰かに見られてるぞ』      『えっ?何処、何処~』







賢い珠緒は手に目薬を持っただけで姿を隠す

意外と肝っ玉は小さいんだから








          『・・・・・』      『あたしが守ってあげるね』







ハチワレ疑似父娘はいつも仲良し

今日は小さな華子が大きく見える








( 混浴極楽湯は本日貸し切り )







お湯に浸かって身も心も温まったかな?

一っ風呂浴びたら目薬が待ってるよん

| 猫の日常 | comments:24 | trackbacks(-) | TOP↑

おねだり猫

テーブルで食事をしてると現れる猫1匹

ただただ離れて様子を伺っている・・くぅ








『ボクは人間食は食べないから』







確かに食べてる所をじっと眺めるだけ

それでも気になる物があると身を乗り出す








『ええっ・・なにそれ?!』







イカツイくぅは可愛いそぶりで注意をひく

そして一気に近づいてガン見








『それ、オモチャ?』







首を少し左に傾けておねだりポーズ

これはお鍋に入れるもの。オモチャじゃないよ








『1本頂戴!』







ハイエナくぅは鍋の横から中を覗き込む

危ないので仕方なく1本あげてみた








『片手じゃ持ちにくいなぁーコレ』







細い春雨をゴッツイ手で持つのは難しい

それでもコツを掴んで器用に持ち直す








『落ちないように両手で挟んで・・・・・食べるぞ!ア~~~ン』







くぅは下半身がドッシリ安定してるから?

この春雨を食べる格好は何かに似てる・・そうだ!








『カリポリ・・カリポリ・・』







暗がりでエサを食べるミーァキャット?

それにしても食べる時はいつも悪人顔

| 猫の日常 | comments:25 | trackbacks(-) | TOP↑

猫の退屈と窮屈

いつもなら少しでも陽が差す時はベランダで暴走する若猫たち

しかし珠緒は目薬で身を隠し華子は看病で、くぅは独りぼっち








『今日は遊び相手が居なくてつまんない』







暴れん坊のくぅの遊びは手加減なしのノンストップ

珠緒と華子を除いたらビビリの七緒しか居ないよ









『誰か遊ぼぉ~よ~』







昼下がりに叫んでも大御所達はお昼寝の真っ最中

くぅがお気に入りのぴゃーだったら遊んでくれるかも








『体力的に無理だと思う』                   『Zzzz・・・Zzzz・・・』







いつものようにキョンシースタイルで爆睡中のぴゃー

小さな箱の中でギッチギチで寝なくてもいいのに















平和そうに寝てるので、そのままにしときましょうか

でも起きたら首と腰が・・きっと痛いな











( 今日も混浴ハチワレ疑似父娘。珠緒の目は快方に向かってます )

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

まくら猫

私が寝る時は枕元にやって来る華子とちゃいペア

翌朝、目を開けたらいつもとは違う頭が混ざっていた















布団の中には入らず私の枕に寄り添って寝てる3匹

ちゃいを枕に華子が寝て、華子を枕にくぅが寝てる?















カメラのシャッター音を聞いて華子が寝返りをした

そろそろ起きる時間だよね~ 今何時だろう?















夢うつつの中、ノビ~をして華子がちゃいを押しのける

ついでに重いくぅの頭を振り落とし爆睡態勢に入る















くぅは朝4時に起き一暴れして二度寝している

明け方何度も起こされる私だって三度寝したい








『寝てばかりいるとメタボになるよ』







じゃあ、4時に起きて睡眠妨害しないでね

それと、くぅのメタボ度・・アップしてるよ~

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

猫がまどろむ昼下がり

ここ数日風の冷たい日が続いているので

猫の寝相も少しずつ冬式になってきた















いつもならヘソ天オッピロゲ~のぴゃーだけど

今日は、まるで猫のように丸まって寝ている















窓から差し込むお日様は、ぴゃーの身も心も温める

きっと美味しい食べ物の夢でも見てるな








『もぉ~・・食べそこなった・・』







いいところで私が邪魔をして食べられなかった?

でも、夢は「続きが見たい」と願ったら見られるんだって








『待ってろよ、ビニール・・』







最近は買い物をしてもビニール袋はさっさと片付ける

たまには舐めさせないとストレスになるかなぁ








『夢で噛んでくるさ・・』







寒い冬空に気まぐれで差し込む春のような陽射し

貴重な時間はこれから短くなっていくんだろうね

| 猫の日常 | comments:21 | trackbacks(-) | TOP↑

頭かくして尻かくさぬ猫

猫のトイレ掃除する時は砂袋にご用心

油断してると噛みつかれ砂の海が出来上がる








『この奥に食べ物が落ちてないかな?』







バキュームくぅは袋を見れば顔を突っ込み確認する








『ん?殺気がする』







砂袋の音を聞きつけて曲がり角にデカイ曲者参上








『旨そうな音がするんだが』







ビニールフェチのぴゃーは小さなカサカサ音も聞き逃さない








『ベロベロ・ベロリーン』                 『今のうちに隠れようっと』







砂袋はぴゃーに譲って新たな遊びを開拓したくぅ








『ここに来たらね、ブワァ~って脅かすんだ』







罠にかかって欲しいのは誰?








『ビニール舐めてるぴゃーだよ』







上手くいくといいけど








                           『あ・・・・・』          『何やってんだ?お前』







バレバレみたいよ








『どうして見つかったのかなぁ・・』







暫くの間、マットの下で息を殺して待っていたくぅ

作戦失敗で残念だったね

| 猫の日常 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

リーダー猫の素質

我が家に居る男猫で実権を握っているのはメタボ猫

しかし、その座を虎視眈々と狙ってるヤツが居る








『来たら教えろよ、くぅ』







今日の珠緒は目が据わってる

今なら熊でも倒せると思ってるに違いない








『がってんだ!先輩!』







悪の教育を受けてる珠緒には一目置いているくぅ

自分も賢者ハチワレになりたいと思ってるらしい








( 周りにばらまかれてるのはマタタビボール )







珠緒の長所は老若男女に優しくて賢い事

珠緒の短所は裏技で勝負に勝とうとする事








『地響きがしてきたよ』                 『やって来たか?メタボ』







マタタビボールを食べて気持ちはK-1格闘家

でも卑怯な手口は見逃せないよ・・ゴラァ~~~








『あー逃げられたじゃん』







メタボぴゃーの頭を後ろからピンポンダッシュして逃げる珠緒

その悪知恵さえなければリーダーの素質はあるのにね

| 猫の日常 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

涙目で訴える猫

天然少女の末っ子華子は独り遊びが好き

既成のオモチャより生きたハエちゃんが好き








『あっ!何か持ってる?』







オモチャには興味薄だけど、たまに目を輝かす物がある

それはアルミのボールだったり、ティッシュを丸めた物だったり








『それ、あたしにくれるの?』







目を真ん丸くして投げるのを待ってる華子

しかし、猫の世界は甘くなかった








『ボクに頂戴!』







華子と同い年のくぅの辞書には我慢の文字は無い

背中に飛び乗って無理やり奪うのは朝飯前








『くぅちゃんの後でいいから・・』







猫にオヤツを与える時、割り込まず順番を待つ華子

人間に爪を立てたり噛みつく事もしない賢い子








『くぅちゃんがボール失くしたって・・』







目をウルウルさせて訴える華子

でっかいボールを作ってあげるから・・くぅには内緒でね

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

猫の出費は突然に

今週末の買い物は突然の出費で痛かった

必需品だから仕方ないけど重ならなくていいのにね








( 高齢猫の為に試しに買った缶詰 )







色々買って様子を見るけど中には口も付けない缶詰がある

どんだけマズイのか知りたいけど食べてみる勇気はない








『まーたトイレのフタが割れちゃったんだって』







ベランダの障害物競走でジャンプ着地点になる大型トイレのフタ

ドスン!ベキッと大穴が開く。まさかの2個同時購入は辛いわ








( お気に入りの屋上で男猫を観察するビビリの七緒 )







寒くなりコーポとタワーの入居が減ったので管理人は考えた

クッションは良いアイデアだけど明日は黄色のドットが出来てるかも








『相変わらず浪費癖は治らんようだな』







我が家にはホカペもコタツもないので猫ベッドを買う予定だった

これは値下げしてたので即買い。筒状になってるので5匹は入れるな








『無茶を言うなよ。5匹は無理だ』







奥行きがあって潜れるから集合したら暖かいと思う

香箱寝の猫団子だったら8匹はいけるでしょ

| 猫の日常 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

姑息な賢猫NO.1

大らかで包容力のある、ちょっとお間抜けなボス猫NO.1、ぴゃー

ぴゃー以外の老若男女に優しい猫IQ200の賢猫NO.1、珠緒








『デブデブの白い巨体が目障りなんだよ』







小さい時は毛繕いし合ったり猫団子で寝る仲だったのに

いつの頃からかぴゃーにチョッカイを出すようになった珠緒








『誰かに見られてる気がする』







呑気なぴゃーは敵に後姿を平気で見せる

目ざとい珠緒はこの瞬間を見逃さない








                                      『小突いたろか・・』







目の前にぴゃーの頭があると叩きたくなるらしい

前を通ると後ろからピンポンダッシュしたくなるらしい








『今、殴ろうとしたか?』                           『とんでもござんせん』







本人の前では心の内は見せず平静を装うが

疑惑が消えた途端、珠緒の右手はうずきだす








『見つめられてるよな?俺』                 『早く向こうを向けよ・・』







ボス猫NO.1にはなれない珠緒のストレス発散法

一日一発、後ろからピンポンダッシュで逃げる事

| 猫の日常 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

あご乗せ猫とてんとう虫

陽射しの暖かい日は、お気に入りの場所で昼寝をする

同じような寝相でも猫それぞれの性格が見えてくる








( くぅはクッションにアゴ乗せで、どや顔寝 )







人気がある屋上を一番先に乗っ取った腕白くぅ

夢の中でも暴れて何か壊してるに違いないな








( ぴゃーは「たまお缶」に頬乗せで、ぐっすり寝 )







数日前、飾ってた人形の髪を噛んでるのを目撃して絶句した

いくら科学物質好きでもビニール袋で留まってはくれないか?








( 七緒は枕に頬乗せで、ひっそり寝 )







ビビリな性格にピンクの枕がよく似合っている

最近ベランダ以外に簡易トイレがないので褒めてやろう








( ちゃいは猫ベッドにアゴ乗せで、ぐったり寝 )







教育係は肉体と神経をすり減らす重労働

十分な睡眠を取って明日の為に英気を養おう








『寝顔を撮ろうとしたな?』







珠緒は自分の前足にアゴ乗せで、警戒寝

寝ている時も耳はアンテナを張ってる








『君は誰?ハエちゃんじゃないよね?』







華子だけはベランダでハエちゃん探しに余念が無い

気絶している七星君、挟み捕りされる前に逃がしてあげるね

| 猫の日常 | comments:24 | trackbacks(-) | TOP↑

いつの間にか猫団子

てんとう虫は飛んで行きハエちゃんも遊びに来ないので

仕方なく珠緒の隣で昼寝する事にした華子








『あの赤黒ちゃんは何だったのかしら・・』







ハエちゃんと違って飛び回らないので命拾いした七星君

7階まで飛んで来るなんて見かけによらず冒険家なのね








『見なかった事にして寝よっ』







警戒寝していた珠緒も今は爆睡真っ只中

それを確認して天敵たちがこっそりやって来る








( 仲良し疑似親子に遠慮して隅で居眠りするぴゃー )







顔を合わせれば眉間にシワを寄せ睨み合いをするのに

睡魔が襲うとそんなことは、すっかり忘れてる








( 珠緒が寝てるので、ビビリの七緒も堂々と毛繕い )







猫達は引き合うように寝返りしながら猫団子を作っていく

そして、いつの間にか珠緒の顔の前には天敵のぴゃー















猫の寝顔はずっと見てても飽きなくて癒される

華子は夢の中でハエちゃんの挟み捕りに成功したのね







| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

メタボ猫の箱揺らし

今日はお天気がいいので何となくルンルン気分のぴゃー

小さな箱に脂肪を流し込んで鼻唄混じりで超ご機嫌








『フフフ~ン』







仰向けの時は必ず両手はキョンシーポーズ

両足で箱を蹴ってはガタンガタンと動くのを楽しんでいる








『ハハハーン』







珍しく手を伸ばし窓を押してスリル度をアップする

調子に乗ると箱が倒れるよ








『あ~らよっと・・』







短い手足を使い楽しそうに箱揺らし

いつの間にか体が90度回転してる








『ねぇ、止めないと倒れちゃうよ』







メタボだけど運動神経はいいから大丈夫

倒れても肉布団があるから痛くはないんでしょ








『何か言った~?』







気分の良い日は気持ちも大きく怖いもの無し

どうなるか高見の見物でもしてようか

| 猫の日常 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

猫の場所取りゲーム

遊びたくてもオモチャが無い時に猫は考えた

そうだ、身近に居る猫で遊んでみようと








『まーた、珠緒が何か企んでるわね』







今回は「たまお缶」でまったりしている華子がターゲット

リアクションが大きいので悪戯心をかきたてる








『やだ、こっちを見てるわ』







始まるのは珠緒の好きな場所取りゲーム

箱の中から猫を追い出して代わりに自分が入り込む








『え?もう出るの?』                  『あばよっ!』







猛スピードでやって来て飛び込んだと同時に出て行く

慌てて外に出た華子は何が何だか分からない








『一体何しに来たの?』







そこに箱があるから入りたくなっただけ

華子が居たから驚かしてみたくなっただけ








『まったく、する事が幼稚なんだから』







イタズラや悪知恵は天下一品の珠緒

リーダーへの道のりはまだまだ遠い

| 猫の日常 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

猫の毛繕いマナー

猫の毛繕いは時と場所を選ばずに

自分の中で「アハン?」と感じた時が毛繕い時








『うわっ!足上げて何すんの?』            『どっこらしょいっと』







華子と並んで日向ぼっこをしていたぴゃー

急にスイッチが入り毛繕いを始めた








『肉球見たくないし』               『足の指をパァーッと開いてっと・・』







人間と違って猫のメタボは素晴らしいと思う事がある

お腹に脂肪が山積みなのに足を顔までもっていける








『もろ見えてるし』             『指の間のお掃除お掃除~』







トイレから出ると指の間に小さな猫砂が入る時がある

思いっきりパーにして綺麗にしたらお次は日光消毒








『あっ!タッチしたね』               『おっとっと・・バランスが・・』







呑気なぴゃーは何処でも誰が居ても、いつも自然体

お年頃華子には気を使ってあげた方がよかったね








『俺、華子に何か悪い事したか?』







父親年齢のぴゃー。娘年齢の華子

親しき仲にもちょっとだけエチケットが必要かも

| 猫の日常 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。